事務所ブログ

◆平成16人目の首相が誕生!!

「普天間基地移設問題」と「政治とカネ」で行き詰まり、鳩山由紀夫首相は6月2日、退陣表明をし、4日の閣議で内閣総辞職となりました。

昨年、民主党は政治改革を掲げて国民の大きな期待を受けて圧勝し、鳩山内閣が発足したものの、たった8か月の短命内閣となりました。

菅直人氏が次期首相となることが決まりましたが、これは戦後33人目の首相、平成16人目の首相となります。
H22.6.6%E3%81%82%E3%81%98%E3%81%95%E3%81%84.jpg

先日、私どものクライアントで、オーストラリアに居住し、日本との両国で企業経営をされている社長と鳩山総理辞任の件でメールによる対話をしましたが、
「あまりに交代が多く、首相の名前を覚えられなくなってきました…。オーストラリアでは、来年スタートする政策として、有給育児休暇があります。もうすぐ可決の予定なのですが、男性でも女性でも、育児休暇として政府から最大18週間、国の最低賃金をもらうことができるようになります。(今までは無給の育児休暇のみ)
その変わり、今までからある出産一時金5000ドルはもらえなくなり、どちらを選択しなければなりません。もちろん、18週間の有給をもらえば、9500ドル程度になりますので安い給料の人であれば、こちらを選択されるのではないかと思います。給与所得者は会社に申請をし、会社がその手続きをし、政府が会社に補助金を下し、会社が本人に支払いするといった形になるようです。私立校なども、兄弟姉妹二人目が入学すると授業料を安くしたりなど、他にもいろいろと補助金がたくさんあり、日本の政策より優れているような気がします。」との情報を頂きました。

これまでも、オーストラリアは、病人、高齢者、失業者、社会的弱者等への福祉が広く行き届き、社会福祉に関する政策や計画の分野で、国際的にも先進的な立場に立っていることで知られていますが、選挙も「義務投票制度」となっていて、投票権を与えられた国民が、連邦・州の選挙で投票を怠った場合は100ドル以下の罰金が課せられます。
経済対策についても取り組みが非常に早いと聞いています。

日本の政治家は「海外視察」をしばしば行っているようですが、税金を使っていくのなら、学んできたことをぜひ政治にもっと生かして頂きたいと思います。H22.6.5%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%89.jpg

阿部首相以降、1年前後で首相を辞めてしまう異常な事態が続いていますが、「責任をとって辞任」は責任放棄のように私には思えます。
そして、国民の政治不信を促す結果になっています。
また、これでは、日本の政治、経済、外交はいつまでも安定せず、世界的にも日本の信用を失うことになります。

企業が元気にならなければ、本当の意味での雇用対策は打てません。
私は社会保険労務士として、日本の9割以上を占める中小企業を応援する仕事に携わり、企業経営の厳しさをいつも感じ入っています。
なので、一日も早い有効な経済対策を取って欲しいと切に願います。

民主党政権、菅直人新内閣…いずれも決定したことだから…批判ばかりしても仕方がないと思います。
マニュフェストを実行することは重要ですが、常に国民に目を向け、説明をしたうえで、ときには柔軟に政策転換も大事だと思います。
日本の国を良くするために、抜本的な改革を!!
菅直人新政権には、色々な批判を裏切って!!ぜひぜひ頑張って頂きたいと思います。

【写真上:あじさい…この季節、本当に綺麗ですね。】
【写真下:先月末にオープンした梅田阪急ビルオフィスタワーでお食事をしてみました。】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 経営ブログへ


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など