知っ得コラム

■健康保険法の改正 【平成19年4月1日施行】

平成19年4月1日より、健康保険の制度が大きく変わります。

1.標準報酬月額の上限・下限および標準賞与額の上限が改正されます。  
標準報酬月額は現在「第1級(98,000円)~第39級(980,000円)の全39級」となっていますが、
「第1級(58,000円)~第47級(1,210,000円)の全47等級」に拡大されます。
  現在上限・下限の標準報酬月額の方は、4月より健康保険料が改定される可能性があり
ますので、給与計算時にはお気をつけ下さい。
  
  また、健康保険の標準賞与額の上限が「1カ月あたり200万円」から「年度の累計額540万
円」となります。(年度は、毎年4月1日から翌年3月31日まで)

2.傷病手当・出産手当金の支給額が引き上げられます。  
「傷病手当金」、「出産手当金」の支給額が、1日につき「標準報酬日額の6割に相当する額」
から「標準報酬日額の3分の2に相当する額」に引き上げられます。
  なお、任意継続被保険者への傷病手当金・出産手当金への支給は廃止されます。

3.資格喪失後の出産手当金が廃止されます。  
資格喪失の日の前日まで1年以上の被保険者期間があり、喪失から6カ月以内に出産した
場合に支給される出産手当金が廃止されます。
  出産前の退職の場合、出産手当金は支給されなくなります。

4.入院した場合、高額療養費の支給申請が不要になります。(事前申請が必要)
  事前に社会保険事務所の認定を受けることにより、一医療機関ごとの入院費用の窓口
での支払いを、高額療養費における自己負担限度額までとすることが可能となります。
  今までは、一旦高額な療養費を支払わなければいけなかったのが、その必要がなくなり、
病院窓口での支払負担が軽減されます。

★詳細は社会保険庁のサイトをご覧ください。
http://www.sia.go.jp/topics/2006/n1004.html


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など