知っ得コラム

■有期契約労働者の雇用安定を進めるキャリアアップ助成金が拡充されました(2016年2月10~)

パートや契約社員などの有期契約労働者を無期契約または正社員に登用しようとお考えの事業主様にとって、すっかりおなじみともなったキャリアアップ助成金ですが、2016年2月10日から要件が拡充されています。主な変更点は以下のとおりになります。

《正規雇用等転換コース》
 有期契約労働者等を正規雇用等に転換または直接雇用した場合
※()内は中小企業以外

(1)有期→正規:1人当たり60万円(45万円)   【改正前:50万円(40万円)】
(2)有期→無期:1人当たり30万円(22.5万円)  【改正前:20万円(15万円)】
(3)無期→正規:1人当たり30万円(22.5万円)  【改正前:30万円(25万円)】

※派遣労働者を正規雇用で直接雇用する場合、1人当たり30万円加算

※母子家庭の母等又は父子家庭の父の場合、若者雇用促進法に基づく認定事業主が35歳未満の者を転換等した場合、いずれも1人当たり(1)10万円、(2)(3)5万円加算

《多様な正社員コース》
 有期契約労働者等を多様な正社員に転換または直接雇用等、または正規雇用労働者を短時間正社員に転換または短時間正社員を新たに雇入れした場合
※()内は中小企業以外

(1)有期→多様な正社員(勤務地・職務限定、短時間正社員)
  1人当たり40万円(30万円)  【改正前:30万円(25万円)】
(2)無期→多様な正社員
  1人当たり10万円(7.5万円)  【改正前:30万円(25万円)】
(3)多様な正社員→正規
  1人当たり20万円(15万円)  【新規】
(4)正規→短時間正社員、短時間正社員の新規雇入れ
  1人当たり20万円(15万円)

※派遣労働者を多様な正社員で直接雇用する場合、1人当たり15万円加算

※母子家庭の母等又は父子家庭の父の場合、若者雇用促進法に基づく認定事業主が35歳未満の者を転換等した場合、いずれも1人当たり(1)~(3)5万円加算、(4)10万円加算

※(1)(2)は、勤務地・職務限定正社員制度を新たに規定した場合、1事業所当たり10万円(7.5万円)加算

様々な活用が考えられる助成金ですので、注目しましょう!

リーフレット「正社員や多様な正社員への転換等の支援を拡充~キャリアアップ助成金の拡充~【平成28年2月10日改正分】」のダウンロードはこちら
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11650000-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu/0000112383.pdf


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など