知っ得コラム

■国民年金保険料の後納制度利用は、平成27年9月30日までです!

国民年金保険料の後納制度とは、時効で納めることができなかった国民年金保険料について、平成24年10月1日から平成27年9月30日までの間に限り、厚生労働大臣の承認を受けたうえで、過去10年分まで納めることができる制度です。

後納制度を利用できるのはどんな方でしょうか?

<後納制度の利用が可能な方>
(1) 20歳以上60歳未満の方・・10年以内に納め忘れの期間や未加入期間のある方
(2) 60歳以上65歳未満の方・・(1)の期間のほか、任意加入中に納め忘れの期間がある方
(3) 65歳以上の方・・・・・・年金受給資格がなく、(1)(2)の期間がある方
  ※老齢基礎年金受給者(繰り上げ受給者を含みます)は対象から除かれます。

 この後納制度を利用することで、納付した期間が不足したことにより年金の受給ができなかった方が年金受給資格を得られる場合があることや、すでに受給資格のある方も
年金額を増やすことが可能です。

1ヵ月分を後納することにより増額される年金額の目安は、年額約1,638円(平成25年度)です。

 また、国民年金を受給するためには、納付済期間や免除期間等の合計が原則25年(300月)必要ですが、平成27年10月以降は、10年(120月)に短縮される予定です。
(この受給資格期間の短縮は、消費税の改正に合わせて実施が予定されています)。

詳しくはこちら
http://www.nenkin.go.jp/n/data/service/0000011187HHUaUdt0ff.pdf

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 経営ブログへ


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など