辻 社会保険労務士事務所

トピックス情報 [topics] お問い合わせ [contact] トップページ [home]
メインメニューをスキップ
業務案内 [business] 相談事例 [consultation] 事務所案内 [profile]


トップページ > 相談事例
相談事例 [consultation]
当事務所には、クライアントの皆さまから毎日さまざまな声が寄せられます。
その中でも特に数多く寄せられる相談内容をピックアップしました。
経営者や人事労務ご担当の皆さまは、さまざまな課題をかかえ、誰にも相談できず孤独な立場です。
一人で問題解決に取り組んでも迷いは多く長期化するばかりです。
私どもでは、法律的な立場と専門的な視点に立って、最善の対応策をご提案するとともに、
課題解決に向けて尽力いたします。
労使トラブルについて
  • 時間外労働や休日出勤、深夜勤務をさせた場合、割増賃金はどのように計算すればよいのか。
  • 従業員が仕事中に怪我をしてしまった。労災の保険給付申請手続きはどうしたらよいのか、どんな対応をしたらいいのか困っている。
  • 無断欠勤の多い若年層の社員がいる。忠告しても改善されないので解雇も考えているが、解雇通告はできるのか。
  • 従業員の入れ替りが激しく、仕事を覚えてもすぐ辞めてしまう。原因を究明し、対応策を考えたいのだが。
賃金について
  • 従業員の給与に一定のルールがないので、見直したい。
  • 従業員の業績に合わせた成果主義賃金制度にしたい。従業員のモチベーションアップにつながるような賃金体系にしたいのだが。
退職金について
  • 有能な社員を今後採用していきたい。福利厚生となる魅力的な退職金制度はあるか。
  • 業績が悪化している。退職金制度を見直したいのだが。
人事考課制度について
  • 人事考課制度の導入を検討している。当社に適した人事考課制度は、どのように構築すればよいか。
  • 人事考課制度において、社員の評価が難しく、制度がうまく機能していない。専門家に指導してもらえないだろうか。
雇用について
  • 正社員・パートタイマー・アルバイト・在宅勤務・派遣・業務委託など…、業務を効率化し、人件費などの固定経費を抑えるにはどのように使い分けたらよいか。
  • 当社においては、変形労働時間制・裁量労働制・フレックスタイム制など、どのような労働時間制度を導入すればよいのか、また、どのような手続きが必要なのか。
  • 外国人を採用したいのだが、どのような点に気をつけて採用したらよいのか。
福利厚生について
  • 有能な従業員の採用や雇用定着を目的とした福利厚生にはどのようなものがあるのか。
  • 法定福利費・人件費を削減して会社のスリム化を図り、業績アップする方法はないだろうか。
助成金について
  • 当社でも受給できる助成金があるのかどうかを診断して欲しい。
  • ベンチャー企業向けの助成金があると聞いたが、どのようなものか知りたい。
  • 助成金の申請は書類作成量が多くて煩雑。外部に頼むことはできるのだろうか。
手続き業務のアウトソーシングについて
  • 総務担当者が急に退職しても、給与計算や手続き業務の引継ぎに困らないようにしたい。アウトソーシングしたいが費用対効果はあるのだろうか。
  • 税金・健康保険面で夫の扶養範囲内で働くことを希望する主婦層のパートが多いが、彼女たちの希望を取り入れつつ、勤務シフトの効率的な管理方法はないだろうか。
人材教育について
  • 社員のスキルアップのためにどのような人材教育を行えばよいのだろうか。
  • 新入社員研修などを外部に依頼できないだろうか。
  • 人事考課を導入したが、運用が難しく困っている。専門家にサポートや考課者訓練を依頼できないだろうか。




これら以外についても一度私どもにご相談ください。貴社の信頼のパートナーとして私どもが尽力いたします。
経営者や人事労務ご担当の皆さまからのご相談やご要望はコンサルティングを行いながら、解決に向けてベストな提案と改善策でサポートします。総合的に「人事・労務」を見直し、根本から経営資源を強化し競争力の高い企業へと変えるために全力を尽くします。



このページの上部へ [page top]
Copylight (C) 2005 辻社会保険労務士事務所 all rights reserverd. 本文へ戻る メインメニューへ戻る
お問い合わせ [contact]