事務所ブログ

◆忘年会でOJTしませんか?

今日から12月…師走ですね。

どの会社も年末業務で忙しくなるこの時期…
私どもの事務所では給与計算業務の事務処理に追われています。

寒いときは鍋料理が美味しいですね!!…そう、12月は忘年会の時期でもあります。

皆さんの会社では、毎年どんなふうに忘年会を企画していますか?
企業にとって、最大の経営資源は『ヒト』です。
しかし、中小企業では、お金をかけた研修をする余裕はなかなかとれないものです。
「忘年会」もひとつのOJTと位置づけて、社員のモチベーションの向上や企画・進行の訓練の場のひとつとして活かしちゃいましょう!
2007.12.1%E3%81%99%E3%81%8D%E7%84%BC%E3%81%8D.jpg

入社後3年目くらいの人に幹事を担当させます。

社長や他の社員などとのやりとりの方法(写真付きの回覧板やメーリングリストなど)、日程調整、場所(お店)、お料理、予算、盛り上げ方の企画など決めていかないといけないことが多々あり、頭を痛めることもあるでしょう。
楽しく有意義な忘年会の企画…「失敗したら後々、社内で非難を浴びるかなぁ…」などと悩みも多く、困ってしまうかもしれません。
社長は途中気になるでしょうが、そこはぐっと我慢して…

お店選びなど、幹事一人で決めるのではなく、社員一人ずつが意見を出すことなどをルールとして決めておきます。
普段あまり意見を述べない人からも意見を出してもらいます。
みんなが時間調整し合い、職場内でお互いに相手を配慮するようになります。
また、普段コミュニケーション不足の人達も巻き込んでいくことで、その後の仕事も円滑に進め易くなります。
幹事を中心にみんなで調整していくように仕向け、期限内で調整・企画することの難しさを学習していきます。
これこそが、後々、職場でのチームワークを高め、モチベーションを向上させるチャンスなのです。
この忘年会を利用して、社員が自分の意見や考えを述べること、互いを配慮することの大切さを体感してもらいます。
また、実際の忘年会の出席に対して、「付き合い」といった受動的な気持ちではなく、積極的な参加となり、場を盛り上げるための他の社員の心遣いができるようになり、仕事の現場にも行かせる訓練となります。

みなさんの会社では、社長が従業員に長々と独演会をしたり、創業の苦労話を話したり、お説教をしたり…ってことはありませんか?
これでは、社員もしらけてしまい、忘年会が憂鬱になってしまいます。
ぜひ、うまくOJTとして活かしていきましょう!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 経営ブログへ


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など