事務所ブログ

◆国会議員の世襲制限は?

以前、民主党が、『世襲制限法案』を掲げたことがありましたが、4月13日、自民党の菅選対副委員長は講演のなかで、国会議員の「世襲の廃止が必要だ」と明言したそうです。
しかし、それに対し麻生総理は慎重な姿勢を示したとのこと。

以前からときどき問題として取り上げられますが、国会議員の世襲制について、皆さんはどのように考えますか?
H21.3.27%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%89%E5%AF%BA%E9%99%A2.JPG DSCF2759.JPG


「世襲制」…改めてこの言葉を広辞苑で引くと、「その家の地位・財産・職業などを嫡系の子孫が代々受け継ぐ制度」とありました。
法的なものと慣習的なものとがあり、天皇制、茶道、華道、歌舞伎界、同属会社などでは、当然のように行われています。

しかし、政治家となるとどうでしょう?
ネットでいろいろと検索していると、『2世3世議員データバンク』といったサイトを見つけました。

選挙に勝つために、地盤を持つことばかりに意識が集中していることを残念に思います。

縁故を頼っての就職先と捉えられると困りますね。

芸術や小規模の同族会社などの世襲制とはまったく異なる問題です。

一国を、一都道府県、一市町村をもっと良くするための情熱とエネルギー、知力、行動力を持つ人がそのリーダーとして立つようにするにはどうすれば良いでしょう。

国民の半数近くが、「国会議員の世襲制」を批判的に見ているというアンケート結果で…何故、民意は反映されないのでしょうか?

ずっと手をつけられずにきた「国会議員互助年金(議員年金)廃止法」がやっと2006年4月1日にやっと施行されたものの、完全に廃止されるのは、40年~50年先になる見込みです。

いつも、自分たちの利権が絡む問題については、なかなか改正が行われません。
わが身、身内ばかりが大切な人にとって、国政を担う仕事は適職でないでしょうね。
%E3%83%88%E3%83%A0%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%B3%EF%BC%92.jpg

【写真上:バンコクのエメラルド寺院(ワット・プラケオ)…とても色鮮やかで、建造物のひとつひとつが宝石のようでした!】
【写真下:世界3大スープのひとつ トムヤンクン…とっても美味しくて癖になりそうです!】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 経営ブログへ



辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など