事務所ブログ

◆謹賀新年

明けましておめでとうございます。
2010年の幕が開きました。
年末年始はとても冷え込みましたが…皆さまはどのようなお正月の三が日をお過ごしでしたか?
私は日頃、バタバタと多忙に過ごしているので、今年もお正月は家でゆっくりと過ごしました。
年越し派遣村などの報道が頻繁にありましたが、厳しい雇用情勢の中、不安な気持ちで過ごされた方々を思うと、こうしてゆっくりと家でお正月を迎えられることについて、とても幸せを感じます。
多少の格差はともあれ、まじめに働く人々には仕事が供給できる環境が望める日本であってほしいと思います。
1010.1.3%E3%81%8A%E3%81%9B%E3%81%A11.jpg

国民が大いに注目し、期待していた政権交代でしたが、いろいろな問題が山積し、鳩山政権発足直後(9月時点)は約77%もあった支持率(歴代政権の中では第2位)が、わずか4カ月ほどの間に30%も低下し、昨年12月には46.8%まで落ち込みました。
世論調査の数字だけでは判断できませんが、これは異常な事態です。
まるでスーパースターの出現を待ち望んでいたように、私たちの期待が膨らみすぎ、結果を早急に求め過ぎているのでしょうか?


昨年11月、時々セミナーの講師の依頼を受けることから、『大阪府工業会設立60周年の記念式典』にご招待頂きました。
その中で、トヨタ自動車の張富士夫会長による記念講演がありました。
張氏の講演内容は工業協会の初代会長である松下幸之助氏、トヨタ自動車元社長の石田退三氏との親交が深かったとのことで、『トヨタ生産方式』、『日本のものづくりの特徴』、『アメリカと比較した際の其々の強みと弱み』などについてでした。

特に印象に残ったのは、
◆不況で生産高が減少した場合には、以下の2点を行ってください。
  1 原価・品質・安全などの面の改善を思い切って推し進めること。理由は、
   ・生産量を気にすることなくラインを止めることができるので改善が進めやすく、
    景気が回復し、増産になった時にこれが強みになるから
  2 人の訓練を行うこと。理由は
   ・ 教育…知らないことを教えること
   ・ 訓練…知っていることを繰り返し実行させ身につけさせること
   訓練することで、自信と技能を与え、増産時に力を発揮してもらえるから。

◆日本の強みは、
・知恵
・創意工夫
・やり方の改善
・臨機応変とフレキシブル
が出来ること。

「人の知恵は無限大。でも知恵は困らないと出てこないものだ。」など…。
長年の経験に基づくとても説得力のある内容の講演で、学ぶものがたくさんありました。

政治が迷走し、経済は停滞、そして少子化が続いた2009年。
活力を失いつつある日本の将来をどう切り開いていくのか。
私が中小企業にかかわる仕事をしていて最近つくづく感じるのは、景気低迷が長引き、非常に疲弊してきていることです。悲鳴さえも聞こえてきます。

企業が元気を取り戻せば、雇用対策にもつながります。
収入が安定すれば、消費も増えます。
「子供手当」、「国公立高校の無償化」などの政策が本当にデフレ対策になるのでしょうか?
国債を発行するばかりではなく、選挙ばかりを意識せずに、しっかりとした経済対策を打ってほしいと、年初に思います。
2009.12.30%E9%BB%92%E9%96%80%E5%B8%82%E5%A0%B41.jpg 2009.12.30%E9%BB%92%E9%96%80%E5%B8%82%E5%A0%B42.jpg

【写真上:お正月の伝統料理、おせち…日本の文化はいいですね。】
【写真下:12月30日の黒門市場の光景…不景気とはいえども、ここは大変な人で賑わっていました。】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 経営ブログへ


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など