事務所ブログ

◆日韓社会保障協定について

今日、クライアント先から、
「昨秋、韓国の関連企業から派遣されてきて、
本人も会社も日韓社会保障協定について知らなかったために
年金制度に二重に加入していることが最近わかったが、どのようにしたらいいか。」
という相談を受けました。
H19.3.15%E5%8D%97%E6%B8%AF%E3%81%AE%E5%A4%95%E6%9A%AE%E3%82%8C.jpg


日韓社会保障協定が締結されたことにより、5年以内の派遣の場合は、
一定の手続きの元に派遣先の国での加入が免除されます。

そこで、この従業員の方に、韓国の「適用証明書」の交付をお願いし、
日本の厚生年金保険について加入時に遡って加入取り消し訂正の処理」を行うことになりました。

もちろん保険料も還付されます。

日韓社会保障協定については、知っ得コラムの方でご説明しますが…。

年金制度だけではなく、度重なる法改正により社会保障制度もどんどん複雑化し、
受けられる権利がありながら、知らずに保障されないケースが多いですね。

この仕事をしているとつくづく感じます。
社会保障は請求主義を取っています。
だからもっと国民にとって有益な情報はもっとメディアを活用して広報してほしいとつくづく感じます。

【写真: 大阪南港の夕暮れ】


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など