事務所ブログ

◆『未払い賃金』のビジネス化に疑問!

労働相談で一番多い内容として、トップは「解雇」、第2位は「未払い賃金」という状況が長く続いています。

皆さまもご存じのように、改正貸金業規制法が成立したことに伴い、ここ数年、多くの司法書士事務所、弁護士事務所が「利息返還請求」をビジネス化して、テレビCMや新聞、地下鉄等の車両広告を使い、激しい商戦を繰り広げてきました。

しかし、それも一段落して昨年より下火になり、多数の法律事務所が次にビジネスのターゲットとして、今注目しているのは、「未払い賃金(未払い残業代)」です。
20110522%E6%96%B0%E7%B7%91.jpg

「未払い賃金」、「未払い残業」として、インターネットを検索すると多数の弁護士事務所と社会保険労務士事務所がヒットします。
このテーマのセミナーや出版物も増え、ビジネスモデル化が最近顕著になり、加速化しています。


この口火を切ったのが、マクドナルドの「名ばかり管理職」の事件。

法律が定める管理職の条件は「経営者と一体的な立場」、「労働時間を管理されない」、「ふさわしい待遇」の3つ。
(詳しくはこちらをご参照ください。)
(東京労働局のリーフレットもどうぞご参考に!)


マクドナルドの店長が本当に労働基準法第41条第2号に規定する「監督若しくは管理の地位にある者(管理監督者)」であるかどうかが争われた裁判で、東京地裁は「管理監督者にはあたらない」と判断を下しました。

これにより、同様に店長を管理職としてきたいチェーンストア展開の外食産業界に衝撃が走りました。
(平成20年9月9日付け基発第0909001号「多店舗展開する小売業、飲食業等の店舗における管理監督者の範囲の適正化について」)
20110522%E7%89%A1%E4%B8%B9.jpg


ここ数年、労働基準監督署も「未払い賃金(未払い残業代)」の調査については力を入れていますし、労働者からの訴えも急激に増えています。

一方で管理監督者としての3条件や判決に違和感を持つ企業は少なくありません。


また、平成22年4月1日施行された改正労働基準法では、法定割増賃金が引き上げられ、1か月60時間を超える時間外労働の割増賃金率50%以上(但し、中小企業については猶予措置あり)となり、グローバルな企業競争の時代に、日本の企業の人件費は一層増大化し、厳しい経営が強いられる状況となっています。

このような状況の中、このときとばかり、『未払い残業』を絶好のビジネスとして、労働者側をお客様と考える弁護士事務所、会社を顧客と考える社会保険労務士事務所。


こういった問題の解決に向けて私はぜひ力になりたいと思いますし、労を決して惜しみませんが・・・、
商売気がなくて経営者失格なのかもしれませんが、私は法律を扱う国家資格者として、「このような労働問題を商売にして、この機会に大儲けしよう。」という姿勢にあまり良い気持ちがしません。
20110601%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88%E9%A4%85.jpg


「労働に対する対価」は当然必要ですが、労使ともにお金で…と割り切り過ぎることが、労使紛争を増加させているように、最近つくづく感じます。

経営陣は常に仕事に情熱的であり、経営理念・会社方針を社員に浸透させ、誠実に事業に貢献している社員を認めて誉めて伸ばすこと、人材育成を惜しまぬこと。
労働者は仕事に情熱的であり、経営的視線で自主的に創意工夫し、労を惜しまぬこと。
そして労使に互いへの感謝の気持ちがあれば、多少の職場の問題も協議し、議論を交わすことで乗り越えられる問題が多いのではないかと思います。

日々沢山のご相談を受ける中で感じるのは、職場の人間関係が希薄で個人主義的になってきていることから、対立関係を生み、労働基準監督署やその他の行政、労働組合に訴え、相談に行かれることが増えてきているのではないかと思います。

「自分にとってどうか?」ではなく、「顧客にとってどうか?」、「職務の遂行としてどうか?」、「会社にとってどうか?」という仕事目線で双方が考えて意見をぶつけ合っても、後にしこりを残すことはあまりないと思います。
感情論や私利私欲が混入すると問題の解決が難航してしまいます。

だって、仕事には、当然「労働条件」も大事ですが、「仕事に対する誇り」や「やりがい」も大変重要な要素ですよね。

昨日、内閣の不信任案が否決されましたが、これに関する民主党の茶番劇・・・
東日本大震災において被災された人々の悲鳴がどうして、政治家の皆さまには聞こえないのでしょうか?

一日も早い復興を待ち望む苦しい日々を耐えている人々を他人ごとのように横に置いて、政権のことや自身の立場を優先した発言ばかりが報道され、とても許せぬ気持ちになります。

諸外国は日本のことを「毎年、総理大臣が交代する不幸な国」と評価しているようです。
これは残念で恥ずかしいことです。

統率力のあるリーダーと優秀なブレインによる協力体制で、震災復興、経済回復を最優先しないと、明日の日本に希望がありません。

被災地の復興をみんなで一緒に支えていきましょう!!

【写真上:新緑・・・雨上がりの木漏れ日に新緑って、こんなにも美しいのですね!輝いていました。】
【写真中:牡丹・・・大輪の華麗な牡丹は香りにも気品がありました♪】
【写真下:マスカット餅・・・戴くのはもったいないような可愛らしさ…でもとても美味しかったです!】


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 経営ブログへ


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など