事務所ブログ

◆禁煙について

オフィスビルなどの公共スペースではいまや全面禁煙が当たり前。
数年前までは、テレビや映画では、俳優や女優の煙草を吸うスタイルがカッコよく見えていましたが、いまや喫煙者は、喫煙できる場所さえも探さなくてはならない時代へと様変わりしました。

東京都心、大阪などでは、職場だけではなく、路上喫煙を禁止する自治体も増えつつあり、愛煙家にとって屋外にある指定の喫煙コーナーは数少ない憩いの場となっています。

度重なる不祥事から、大阪市の地下鉄の車掌・運転手はタバコの持ち歩き自体を禁止するよう通知が出された・・・とのニュースが報道されました。

また、東京ではついに「有料喫煙所」もお目見えしたとのこと、愛煙家の肩身は狭くなる一方のようです。
H24.5.24%E7%AE%95%E9%9D%A2%E3%81%AE%E6%BB%9D.JPG %EF%BC%A824.7.3%E3%82%A2%E3%82%AC%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%B9.JPG

私もクライアント企業様からの相談のなかに、「職場はすでに禁煙になっているけれど、愛煙家社員が休憩時間に吸うたばこの香りに対する不快感やアレルギー症状が出るなど、他の社員からの苦情が出る・・・」で職員同士のトラブルに発展するなどの解決策に関するものが時々あります。

「禁煙セラピー」という本が売れたり、「禁煙外来診療」、「禁煙ガム」、その他の禁煙ビジネスの売り上げもここ数年伸びているようですが、長年の愛煙家にとって絶煙は難しく、また肩身の狭い環境となっているようです。%EF%BC%A824.5.23%EF%BC%8D2%E7%AE%95%E9%9D%A2%E3%81%AE%E6%BB%9D.JPG
%EF%BC%A824.5.23%E7%AE%95%E9%9D%A2%E5%B1%B1%E8%8D%98.JPG


◆全面禁煙が加速◆
この10年間で喫煙の“規制”は一気に進み、2003年には、受動喫煙の防止を盛り込んだ「健康増進法」の施行で、駅などの公共施設が一斉に禁煙化され、商業施設や飲食店への規制も、10年の厚生労働省の通知で強まりました。

◆受動喫煙防止対策助成金制度◆
昨年10月より、受動喫煙防止対策助成金制度が創設され、顧客が喫煙できることをサービスに含めて提供している飲食店、旅館等については喫煙室の設置等の受動喫煙防止対策の取り組みを促進しています。

◆労働安全衛生法の改正◆
飲食店などに配慮した形での受動喫煙防止に向けた労働安全衛生法の改正も予定されています。

喫煙される方にとっては、ますます厳しい方向ですが、これも時代の流れ。
自身の健康のためには仕方なしと理解する他なさそうですね。
%EF%BC%A824.6.22%E9%A1%8D%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%B5%E3%82%A4.JPG

【写真上:箕面の滝の風景…久しぶり散策してみましたが、近くにこんなに素晴らしい自然風景があったことに感動しました。】
【写真上:雨に濡れたアガパンサスがとても美しいですね!】
【写真中:箕面の滝に大きなこんな鳥が水浴びをしていましたよ…びっくり!】
【写真中:音羽山荘は大人の隠れ家的な素敵なお店で、お勧めです!】
【写真下:額アジサイのがあまりに美しくて、パチリ!】

[ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 経営ブログへ


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など