知っ得コラム

■平成25年4月1日より改正労働契約法が施行されます!!

有期労働契約の新しいルールができました!

「労働契約法の一部を改正する法律」が平成24年8月10日に公布されました。
今回の改正では、下記の3つのルールを規定しています。

有期労働契約とは、1年契約、6か月契約など期間の定めのある労働契約のことをいいます。パート、アルバイト、派遣社員、契約社員、嘱託など職場での呼称にかかわらず、有期労働契約で働く人であれば、新しいルールの対象となります。

また、改正に伴い、労働契約締結時に、契約期間とともに「期間の定めのある労働契約を更新する場合の基準」も書面の交付によって明示しなければならない事項となります。
(平成25年4月1日から施行)


<有期労働契約について3つのルール>
1.無期労働契約への転換(施行日:平成25年4月1日)
有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できるルールです。

2.「雇止め法理」の法定化(施行日:平成24年8月10日)
最高裁判例で確立した「雇止め法理」が、そのままの内容で法律に規定されました。
客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められないとき等、一定の場合には、使用者による雇止めが認められないことになるルールです。

3. 不合理な労働条件の禁止(施行日:平成25年4月1日)
有期契約労働者と無期契約労働者との間で、期間の定めがあることによる不合理な労働条件の相違を設けることを禁止するルールです。


改正労働契約法について、平成24年11月、12月に全国各地で労働局による説明会が開催されています。

詳しくはこちらのリンクをご参考ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 経営ブログへ


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など