事務所ブログ

◆類人猿も中年はつらいよ!!

“中年の危機”は、人間だけの憂いではないようです!!

最新の研究によれば、チンパンジーとオランウータンも、一生の半ばで幸福度が下がるとのこと。

20121120%E4%B8%AD%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%BC.JPG
チンパンジーなどの類人猿は一生のなかで中年の時期に「幸福度」が最も低いという調査結果を日本や英国の研究グループがまとめました。
20121103%E7%A7%8B%E3%81%AE%E5%B8%B8%E5%AF%82%E5%85%89%E5%AF%BA.JPG

グループの松沢哲郎京都大霊長類研究所教授によると、「類人猿も中年は生きる重みを背負っているようだ」とのこと。

日本や米国、豪州などの動物園で飼育中の0歳から50歳過ぎまでのチンパンジーとオランウータン508頭について、飼育員に
●仲間と仲良くできているか
●活動的か▽引きこもりの兆候はないか
と聞き、各個体の「幸福度」を算出しました。

幸福度は0歳付近が最も高く、年をとるにつれて下がり、人の45歳に相当する30歳前後で最低となり、30歳を過ぎると上昇に転じました。

松沢教授は「人の場合だと、ローンの返済などに追われて中年時期に幸福度が下がるのは理解できるが、類人猿でも同様の結果が出たのは驚きだ。類人猿でも生存競争にさらされているのかもしれない」と話しています。
%EF%BC%A824.11.13%E5%A4%A7%E5%B7%9D%E3%81%AE%E7%A7%8B%EF%BC%88%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%89%E3%81%8B%E3%82%89%EF%BC%89.JPG
中間管理職から管理職になる頃、目標達成に人事考課、部下育成・・・仕事でのストレスだけではなく、教育費の負担に住宅ローンの返済、親の問題など・・・と大変ですね。

私も仕事柄、その年齢の皆さんのご相談を受ける多く、いつも「本当にお疲れ様です」と言いたくなります。

でも、視点を変えると、人間も類人猿も、寿命の半ばを迎える頃には、以前より多くの資源が手に入るようになり、何かを成し遂げるには最適の時期でもありますね。

何となく肩を下げ、うつむくチンパンジーの背中に憂いを感じます…日本のお父さん達、頑張って!!
20121117%E3%81%B1%E3%82%93%E3%81%93%E4%BA%AD.JPG


【写真上:がんばれ!中年チンパンジー君】
【写真中:「秋の常寂光寺」井堂雅夫 作】
【写真下:秋の大川(天満橋マクドからの風景))
【写真下:福島ぱんこ亭、秋のメニューです・・・美味しかった!!】


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など