知っ得コラム

■労働保険料・アスベスト健康被害救済のための「一般拠出金」について

平成19年度から、労働保険料に併せてアスベスト健康被害救済のための「一般拠出金」の申告・納付が必要になります。

2007年(平成19年)4月1日(平成19年度労働保険の年度更新等)から、石綿(アスベスト)健康被害救済のための「一般拠出金」の申告・納付が始まります。
 「一般拠出金」とは、「石綿による健康被害の救済に関する法律」により、石綿(アスベスト)健康被害者の救済費用に充てるため、事業主のみなさまにご負担いただくものです。
「一般拠出金」の額は、業種を問わず、料率は一律1000分の0.05です。メリット対象事業場についても一般拠出金率にはメリット料率の適用(割増、割引)はありません。

一般拠出金=賃金総額(1000円未満切捨て)×一般拠出金率(0.05/1000)

ブログランキング・にほんブログ村へ


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など