知っ得コラム

■10月以降の年金額が変わります!!

平成25年10月から年金額が変わります。
では、私たちの年金額は一体どうなってしまうのでしょう?

年金額は、原則として、物価の上昇・下落とともに増減する仕組みをとっています(物価スライド制)。

これまでは、特例的に、物価下落にもかかわらず年金額を減額せずに据え置いてきたのですが、平成25年度から平成27年度の3年間で計画的に本来の年金額との差(2.5%)を解消することになります。

具体的には、平成25年10月からは年金額が1%引き下げられます。
その後、平成26年4月から0.5%、さらに、平成27年4月に0.5%引き下げることにより、特例水準を解消しようというものです。

特例措置を続けていけば、現役世代(将来の年金の受給者)の年金水準に大きな影響が生じてしまいます。
そこで成立したのが、「国民年金法等の一部を改正する法律等の一部を改正する法律」。
・・・一瞬、誤植を疑いたくなるネーミングの法律ですね(笑)


確かに年金額は引き下げられますが、このように早い段階での決断が、将来の受給者の給付水準が低くなるのを防ぎます。
私たちの子や孫の世代にも年金制度を残していきたいですものね。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/shakaihoshou/seido/dl/h25-10_01.pdf


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など