事務所ブログ

◆コンピテンシー面接

%EF%BC%A819.3.26%E6%A1%9C%200.bmp
もうすぐ新年度ですね。
暖かくなり、桜の便りも聞かれるようになりました。                             

新入社員を迎えられる会社も多いでしょう。
会社がリフレッシュする時期でもあります。
私どもの事務所も新入社員を採用するため、先月・今月初旬に面接を実施しました。
「伸びる人、できる人、会社の求める適性を持つ人」を面接の短い時間やわずかの試験の中で見極めるのはなかなか難しいですね。

皆さんの会社ではどのように面接されているでしょう?
近年、“コンピテンシー面接”という手法が注目されています。
従来の面接とコンピテンシー面接の大きな違いは、
 ・「優秀であるかどうか」ではなく「成果を生み出す行動特性を持っているか」
 ・「志望動機など」ではなく「過去の行動事実」
などについて質問をしていく点にあります。

このような方法をとるので、コンピテンシー面接では一夜漬けの面接対策が効き目を持たないといわれています。
この面接方法は、“成果につながった過去の体験(行動事実)をたくさん聞き出す手法”なので、企業側だけではなく、採用に応募する側にとっても「色々な話を聞いて、自分をよく理解した上で客観的事実に基づき、公正に評価してもらえた」という満足感があります。
まだ取り入れていらっしゃらない会社は、ぜひ活用してみてください。
面接者の話の中から見えてくるものがたくさんありますよ。

%EF%BC%A819.3.26%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%82%B91 %EF%BC%A819.3.26%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%8B%E3%83%BC%E5%9F%8E1
 
〈写真: ディズニーランドって本当に何回行っても夢があって楽しいですね。ディズニーワールドでは、大人も童心に返り大はしゃぎしてリフレッシュできます。大好きです!!〉

ブログランキング・にほんブログ村へ


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など