知っ得コラム

■退職後の健康保険について

毎年、3月は退職される方が多くなる時期です。退職後の健康保険についてどこが違うか参考になさってください。

【退職後の健康保険】
 主として次の3通りがあります。
 1.国民健康保険
 2.健康保険任意継続(以下「任意継続」)
 3.ご家族の健康保険(被扶養者)

【国民健康保険について】
 ※手続き先
  ・お住まいの市区町村の国民健康保険担当課
 ※加入条件
  ・加入手続きは退職日の翌日より14日以内
 ※保険料(税)
  ・保険料(税)は加入する世帯の人数や、前年の所得等により決定されます。
   倒産、解雇、雇止めなどにより離職された場合は、保険料(税)の軽減が受けられる場合があります。


【協会けんぽの任意継続について】
 ※手続き先
  ・お住まいの都道府県の協会けんぽ支部
 ※加入条件
  ・退職日までに被保険者期間が継続して2カ月以上あること
  ・退職日の翌日から20日(※郵送の場合は必着)以内に手続きが必要
 ※保険料
  ・保険料は退職時の標準報酬月額に住所地の都道府県の各支部の保険料率をかけて決定。ただし、退職時の標準報酬月額が28万円を超える場合は、標準報酬月額は28万円
  ・前納制度あり


【ご家族の健康保険の被扶養者について】
 ※手続き先
  ・家族の勤務先
 ※加入条件
  ・加入手続きは退職日の翌日より5日以内
  なお、家族が加入している健康保険の扶養の条件を満たす必要があります。
 ※保険料
  ・保険料の負担はなし

毎月納付される保険料などを確認のうえ、有利な健康保険を選び手続きを行いましょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 経営ブログへ


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など