知っ得コラム

■ハローワーク求人ホットラインが3/24から開設されました!!

ハローワークで公開している求人票の記載内容と、実際の労働条件が異なる場合の対策を強化するのに当たり「ハローワーク求人ホットライン」を3/24(月)から開設されました。
今後、ハローワークへの求人を行う際には企業の方は注意が必要ですね!


平成24年度に全国のハローワークに寄せられた申出で、求人票の記載内容と実際の労働条件が違うといった申出は、7,783 件。このうち、申出の内容の上位は、賃金に関することが 2,031件(26%)、就業時間に関することが 1,405 件(18%)、選考方法・応募書類に関することが 1,030件(13%)でした。

このような状況を踏まえて以下の対策を行い、公開・紹介している求人の内容が実際と違っていた場合には、事実確認の上、会社に対して是正指導を行っていくようです。

◆申し出の具体例
 ・面接に行ったら、求人票より低い賃金を提示された。
 ・正社員と聞いて応募したのに、非正規雇用の形態だった。
 ・「あり」となっていた雇用保険・社会保険に加入していない。
 ・始業の30分前に出社させられている。              など

◆具体的な対策

1)「ハローワーク求人ホットライン」(求職者・就業者用)を開設!

  全国専用窓口:03-6858-8609
  受付時間:8時30分~17時15分(土日祝・年末年始を除く)


2)ホットラインへの申出について、事実確認と必要な指導などを徹底!
都道府県の労働局・ハローワークは、労働基準監督署や日本年金機構、都道府県の消費生活センターなどと連携を図り、該当する企業などに対して事実確認と必要な指導などを行います。

3)申出の集計・分析を行い、未然防止策の検討・実施に活用!
平成26年度からは毎年、ホットラインや全国のハローワークに寄せられた申出の集計・分析を行い、求人票と実際の労働条件が異なるようなことが起こらないよう、防止策の検討や実施に活用します。


◆参考HP(厚労省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000040696.html

◆リーフレット(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11601200-Shokugyouanteikyoku-ShusekishokugyouShidoukanshitsu/0000040698.pdf

◆平成24年度 求人票記載内容と実際の労働条件相違による申出の内訳件数
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11601200-Shokugyouanteikyoku-ShusekishokugyouShidoukanshitsu/0000040699.pdf

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 経営ブログへ


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など