知っ得コラム

■全都道府県の地域別最低賃金改定額が出揃いました!

2014年7月29日に各都道府県の地方最低賃金審議会が平成26年度の地域別最低賃金の改定額を答申し、厚生労働省より全都道府県の最低賃金の答申額が公表されました。

給与計算の際には、時間給が最低賃金を上回っているかどうか、ご確認が必要です。

この改定額は、各都道府県労働局での関係労使からの異議申出に関する手続を経た上で、都道府県労働局長の決定により、10月1日から10月下旬までに順次発効される予定となっています。

なお、今回の最低賃金改定により、平成20年の改正最低賃金法施行後、初めてすべての都道府県において、最低賃金と生活保護水準との乖離が解消される見込みとなっています。

主な都道府県の改定額は以下のとおりとなっています。  ※日付は発効予定年月日

北海道 748円(+14円)平成26年10月8日
宮 城 710円(+14円)平成26年10月16日
埼 玉 802円(+17円)平成26年10月1日
千 葉 798円(+21円)平成26年10月1日
東 京 888円(+19円)平成26年10月1日
神奈川 887円(+19円)平成26年10月1日
愛 知 800円(+20円)平成26年10月1日
京 都 789円(+16円)平成26年10月22日
大 阪 838円(+19円)平成26年10月5日
兵 庫 776円(+15円)平成26年10月1日
広 島 750円(+17円)平成26年10月1日
愛 媛 680円(+14円)平成26年10月12日
福 岡 727円(+15円)平成26年10月5日


その他の地域については、下記のURLより「地域別最低賃金額」をご確認ください。
http://livedoor.blogimg.jp/roumucom/imgs/8/2/82fa9767.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 経営ブログへ


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など