事務所ブログ

◆宿直仮眠中の賃金未払い1.5億円 大阪市が支払いへ

九州熊本地方を中心に発生した地震により、被害に遭われた被災地域の皆さまに心より お見舞い申し上げます。
そして、被災地においては一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます 。
2016.4.10%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E3%81%AB%E3%81%A6.JPG

一昨日、こんなニュースが飛び込んできました。

大阪市は25日、非常勤の宿直職員の仮眠時間を労働時間に算入していなかったとして、過去2年間分の賃金約1億5千万円を市内24区役所の担当職員に支払うと発表したとのこと。

3月に労働基準監督署から是正勧告があり、市が調査していたそうです。
2016.3.20%E3%83%89%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%83%BC%E6%96%B0%E5%A4%A7%E9%98%AA.jpg

大阪市によると支払い漏れで勧告を受けたのは、夜間と休日に区役所の建物をパトロールし、戸籍の届け出などを受ける非常勤の「宿日直専門員」の賃金についてでした。

24区役所に計約100人おり、2人一組の勤務で午前0時~6時の間に約3時間ずつ仮眠をとるが、電話や来庁者に対応していたということです。

未払い賃金の請求権の消滅時効が2年のため、市は今年3月までの2年分を支給し、社会保険料約2400万円も追加で支出する予定です。

仮眠を労働時間に入れると、専門員の賃金が大阪府の最低賃金(1時間858円)に届かない計算になるため、福島区役所を調査していた西野田労基署が最低賃金法違反などになるとして是正勧告していたとのことでした。
2016.4.10%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AB%E3%81%A6%E2%91%A0%20%282%29.JPG

宿直をさせている企業は多くありませんが、…
時間外労働や休日労働などの不払い賃金についてのトラブルが、ここ数年、多発し、労働基準監督署や労働組合だけではなく、弁護士事務所へ相談に行かれる労働者の方が増えており、企業に内容証明書が届き、慌てて、私どもの事務所に相談に見えるケースが非常に増えています。

初めて相談を受けると、「基本給だけで残業代を計算しています。」とか、「毎日15分未満切り捨てで1箇月の残業時間数を集計しています。」などといった方法を取られている会社が多いようですが…これは正しくありません。

皆さんの会社では正しく計算されているでしょうか?
以下でぜひご確認ください。
  しっかりマスター労働基準法 割増賃金編(東京労働局)

また、未払い残業で訴えられるリスクを回避するために、定額残業代制を導入されている会社が増えてきましたが、民事訴訟では、裁判官が否認する判決が多いようです。

最低でも、以下のポイントは抑えておいてください。

1.定額残業代制について、就業規則に根拠条文があり、定額残業時間数を超過する場合は別途支払う規定が明記されていること

2.労働者ごとに個別に時間給を計算して、定額残業代を法定計算し、何時間分で幾らを支払うのか、雇用契約書等に明記すること。

3.正しく、労働時間管理をし、定額残業時間数の超過分は別途支払うこと

4.定額残業時間数は、「時間外労働の上限に関する基準」以下とし、36協定に記載した時間数以下の定額残業時間数を設定すること

5.対象労働者に十分な説明をして、同意を得たうえで、同意書に署名捺印を受け、保管しておくこと

ドキ!!とされた皆さまは、トラブルにならぬうちに、ぜひご相談くださいね。

2016.4.10%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AB%E3%81%A6%E2%91%A1.JPG

【写真上:春は何と言っても桜! 幸せを呼ぶといわれるドクターイエローを見ましたよ!】
【写真中:TheEarthに宿泊…生憎の天候で満天の星は見られず…う~残念!】
【写真下:TheEarthでの夕食】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 経営ブログへ


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など