事務所ブログ

◆若い人を採用するポイント~「給与額」より「残業なし、休日増」~

新規学卒、中途採用の若者を採用したいが、求人を出しても中高年の応募しかなく、若者の応募がないが、やる気のある有能な若者を採用するには、どうすれば良いかというご相談をクライアント企業から相談を受けることが頻繁にあります。

広告最大手・電通の新入社員、高橋まつりさんの過労自殺が、大きく報じられたことが影響し、就活において「長時間労働、未払い残業があるような企業はブラック企業なので、退職をしなさい」といった指導をする学校が増えたとのことです。

「給与の額よりも、週休2日制、残業が少ないといった条件を重視し、自分の時間を大切にしたい」という若者が増えています。
2017.10.28%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB.JPG

この意識変化は、社員を「働き蜂」「企業戦士」などと例え、長時間労働を当然と考えてきた日本の企業風土を大きく変えてしまいました。

残業が多く、休日が十分に取れず、サービス残業をさせる企業を「ブラック企業」「ブラックバイト」と位置付け、SNSによる情報交換も盛んになり、敏感に反応するようになりました。

人手不足を背景に、学生優位の「売り手市場」が続く中、新入社員の意識調査が注目されています。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングが今年5月に発表した2017年度新入社員意識調査アンケートでは、「残業がない・休日が十分に取れる」が「給料の額」を上回りました。
これは調査開始(04年度)以来、初めてのことです。

「賃金が上がりづらい近年、せめて残業時間が少なく、休みも取れ、自分の時間を確保できる会社で働きたいという意識が若者に浸透しているようです。

採用面接における応募者からの質問も「御社では残業時間は、どのくらいありますか?」といった質問をする若者が増えており、休日の確保や残業の少なさは、重要な要件になっているようです。

これまでのイメージだと、面接試験を受ける側の人から採用面接官に対し、「御社には残業はどのくらいありますか」などという質問はしづらかったような気がしますが……今は、ワーク・ライフ・バランスという言葉が広まり、最近ではそのような質問をすることに抵抗がないようです。
2017.10.28%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3%E3%81%AB%E5%B1%95%E7%A4%BA%E3%81%AE%E5%9D%AA.JPG

厚生労働省の「毎月勤労統計調査」によると、日本の年間の労働時間は1995年に1910時間だったのが、2016年に1724時間にまで減少しています。

これだけでみると、ドイツ1302時間(14年)、フランス1387時間(同)と、諸外国に比べれば日本の勤務時間は長いものの、約20年前にくらべ、200時間も減少しています。

しかし、同省の調査では、短時間勤務のパートなどを除いた一般労働者の年間労働時間は、2038時間(1995年)から2024時間(2016年)と横ばいで、年によって若干の変動はあるものの、この20年以上2000時間前後で変わっていません。

非正規雇用者の増加やITの活用で正社員の単純労働は減っているにも関わらず、労働時間が横ばいで変化が無いのは、正社員の仕事の密度や責任は増していることが推察され、より忙しい社会になり、負担はむしろ増えていると思われます。

労働時間を気にする若者が増えている変化には、13年に流行語大賞のトップテンに入った「ブラック企業」などが影響したようです。

確かに、残業は少なく、休みが取れることに越したことはありませんが、短時間で成果を出していかなければ、給与の昇給もあまり期待できないでしょう。

若者の売り手市場は今後も続くと予想されますが、優秀な若者を確保し、さらにつなぎ留めたいと考える企業は、労働時間や福利厚生を重視し、若手社員の意識によって、勤務スタイルを変えていくことが迫られるのかもしれません。

消費者にとって高品質、より優れたサービスが求められる時代、企業の競争力を衰えさせず、働き方改革を進めるには、大変な企業努力と働く人の意識改革・より高い士気が求められるでしょう。
2017.10.1%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E3%81%A7%E5%A3%B2%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%9F%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD.JPG

【写真上:帝国ホテルで見つけたハローウイン】
【写真中:美しい絵付けですね】
【写真下:こんなに可愛いケーキ!】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 経営ブログへ



辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など