事務所ブログ

◆年金問題のゆくえ

昨日は吹田社会保険事務所、本日は豊中社会保険事務所に行きましたが、いずれも1階が年金相談、2階は業務課のはずが、1階も2階も年金相談者でいっぱい!!

今まで年金相談の担当をしていない職員の方までが年金相談の対応をされていました。
%E3%81%82%E3%81%98%E3%81%95%E3%81%84070618_1023~0001.jpg

私も、行く先々で、年金の相談や不安、不満の声です。

本日相談を受けた方も、共済組合の証明する加入期間と社会保険庁が記載した共済加入期間に12月のずれが生じていました。

読売新聞社によると「16、17の両日実施した全国世論調査(面接方式)で、国の年金制度を信頼していない人が「どちらかといえば」を合わせて76%に上った。」とのことです。

社会保険庁の年金記録の管理のずさんさ、年金相談電話についても数時間の研修で「促成栽培」した派遣社員をオペレーター要員としたり、全国社会保険職員労働組合の過剰な労働条件優先、厚生年金の代行返上においても5%以上の数字不一致、年金サンプル調査のひどい結果、戦没者給付金も約410億円未払いなど…国民の信頼回復は簡単ではありません。

社会保険庁を解体する前に明らかにすべき問題・解決すべき問題はたくさんあります。

これだけの膨大で重要な問題を1年や2年での解決は難しいでしょう。

また国民が被害者でありながら、国民の税金で対策を講じるのもおかしな話だと思います。

皆さんもそう思いませんか?
%E3%81%82%E3%81%98%E3%81%95%E3%81%84%E2%91%A1070618_1029~0001.jpg


【大阪も入梅しました。雨といえばアジサイ…仕事で歩いているとあちこちで雨にぬれたアジサイが綺麗でした。でも、改めて見ると色々な種類のアジサイがありますね!】
ブログランキング・にほんブログ村へ


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など