事務所ブログ

◆人事考課制度と給与設計について…

人事考課制度と給与設計に関する相談が最近とても増えています。

皆さんの会社では、「あの人より仕事ができるのに、どうして私のほうが給料は安いの?」「この会社、いったいどうしたら給料あがるの?」といった不満の声が社員から聞こえてきたりしたことはありませんか?
これはちょっとイエローカードかもしれません…。
070523_%E8%8A%A6%E5%B1%8B%E5%B7%9D.jpg

現在、人事考課制度と給与設計の導入の依頼を受けて進行中の会社があります。
最初に全社説明会を行い、社員の声をアンケートなどでヒアリングし、“どうなれば昇給や降給になるのか”を分かりやすく理解してもらえるような仕組みを作ろうと、プロジェクトチームを組んで進めています。

“給与や賞与が社員のモチベーションを向上させるためのインセンティブとなる仕組み”=“会社への貢献度に応じた給与や賞与を支払う仕組み”をつくりたいというのは、経営者の皆さんの共通したお考えです。

でも、“会社への貢献度に応じた給与!!”この発想を反映した“賃金分配の公正なものさしづくり”はなかなか難しいものですね。

経営面から将来の総人件費の分析予測を行い、会社への貢献度や能力のほかに、担当職務の難易度といった職務や職種により給与を決めるのがトレンドになっています。

ときどき、「書籍やどこかの会社の人事考課票を借りてきて、自分の会社で使っている。」なんて声を耳にすることもありますが、それではあまりうまくはいかないでしょう。

“経営者と同じベクトルを持つパートナーの育成”が会社を発展させます。

業種業態の特性・規模・業種・経営理念などを反映した評価制度、公平で透明性のある、しっかりした給与や賞与の支払いルールで賃金処遇を決めることがとても大切です。

【芦屋川風景】
ブログランキング・にほんブログ村へ


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など