おすすめ書籍

賃金の本質と人事革新


賃金の本質と人事革新

編 者: NPO法人企業年金・賃金研究センター
監修者: 孫田 良平
出版社: 株式会社 三修社

賃金は、 “会社が優秀な人材を採用する” うえで、 “従業員のモチベーションに向上させ良い商品を開発したり、優れたサービスを提供していく” うえで大変重要な役割を果たします。
それだけに賃金体系の構築は、責任があり、難しくもあります。

私は仕事柄、年に数回、中小企業の人事制度や賃金体系の設計をしますので、関係書籍を数多く読みますが…
この本は賃金の哲学・歴史そして基本概念にもう一度振り替える素晴らしい書籍です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など