事務所ブログ

◆終身雇用希望など安定志向の傾向が…!

社会経済生産性本部の意識調査によると、新入社員のうち、終身雇用を望む人が約3割を超え、1991年の調査開始以来、過去最高に上ったことが明らかになりました。
そして、将来的に起業を考えたいという人は約2割でした。

H20.1.1%E4%BC%8A%E4%B8%B9%E7%A9%BA%E6%B8%AF.JPG

条件が良ければ、今の会社から他社に転職したいと思う人は4割を下回り、若い社員を中心に「安定志向」が強まっていることが浮き彫りになっています。
労働市場でも圧倒的に社員希望者が増えてきています。
私どものクライアント企業様からも、「求人を出してもパートタイマーよりも社員希望者が圧倒的に多い…」という相談を受けるようになりました。
フリーター・ニート、ワーキングプアが社会問題化し、また、親の会社での不安定雇用などを目の当たりに見て、将来に対する不安感が広がっているようです。
また、景気拡大などを背景に新卒者の雇用は改善傾向にあり、じっくり企業を見定めて入社したことが、転職希望の低下につながっている面もありそうです。

あわせて、成果主義よりも年功主義を希望する人が増えているようです。

人事制度について、今まで日本は米国の流行を常に取り入れてきました。
日本の企業には、やはり日本人の考え方や会社風土に合ったものを取り入れていかないと、メンタルヘルスの問題を増加させたり、会社への忠誠心や貢献意欲が減退させ逆効果となり、生産性を低下させます。

皆さんの会社でも一度人事制度の見直しをして見ませんか?
%EF%BC%A820.1.10%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%9B%9B%E6%9D%A1%E9%80%9A%E3%81%AE%E4%B8%83%E7%A6%8F%E7%A5%9E.JPG

【写真上:H20.1.1伊丹空港の夕暮れ】
【写真下:H20.1.10京都四条通の七福神】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 経営ブログへ


辻社会保険労務士事務所業務案内

●人事・労務コンサルティング ●各種セミナー●給与・退職金制度の設計及び変更●会社規則 作成 ●各種助成金等 申請 
●労働・社会保険 手続き業務 ●給与計算等のアウトソーシング●行政指導の調査・対処策 ●メンタルヘルスケア企業対策 など